忍者ブログ

とべぶんプロジェクトの最新情報はこちらで!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4/5ライブペイント&ダンスパフォーマンス

4月5日、せだゆりか『瓶詰め日記』ととべぶんプロジェクト『森を運ぶ』イベントが行われました。

せだゆりか・重松まり絵・CHACO・福岡麻子がcosha worksさんの入り口の大きな壁に直接ライブペイント!テーマは”『瓶詰め日記』と『森を運ぶ』”です。
4人はほとんど打ち合わせなどなし。誰がどんなものを描くのかなども一切話すことなく即興で描きはじめました。



みんな描きたいものを描きながらあちこちで出来ていく絵とバランスをとって描いています。
エビフライの上に魚を泳がせたり・・・




山の上を車が走ったり・・・



あちこちで植物が育っています。



半野外なので通りすがりの人も観て行ってくださいました。



福岡麻子が得意の似顔絵も描きはじめました!



入れ替わり立ち替わりどんどん混ざって混ざって描いていく!
さあどんな風にできあがるかな!

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *

泰山咲美のダンスパフォーマンスでは

〜第1部〜紙芝居『ゆび子がゆく!今日の瓶詰め日記』

を上演!なんとこの紙芝居もライブペイント前に泰山に「こんな感じで・・・」と渡されたスケッチをもとにさささっと絵描きチームで作ったものです。
「そんなに即興で大丈夫なのたいちゃん!」という心配はいらなかった!
紙芝居の前でピンクのブーツを履いたゆび子がのびのびと踊っておりました。ジャングルや海の中、ゆび子の大冒険に大人も子供も釘付けです。また見たい!との声をたくさんいただきました!





〜第2部〜大人になったある日のゆび子・・・
やんちゃだった冒険屋のゆび子も素敵な女性になったのでした。

  
ここまでの写真はイベントに来てくれた鈴木悠太さんが撮ってくださいました!鈴木さん素敵な写真をありがとうございました…!

泰山が着ているこの白いワンピースはとべぶんプロジェクトメンバーの田中まゆちゃんに頼んで『森を運ぶ企画』用に作ってもらったものです。この真っ白なワンピースはこれからメンバーがそれぞれの個展期間中に絵を描いていきます。バトン代わりに一年間かけて回していきます。現在もせだゆりか個展会場にて描き足されていっています◎
さてさてどんなワンピースになるのかな。気になった方は是非夏に行われるのCHACOの個展にもお越しください!



最後に完成したライブペイントの前でみんなで記念撮影!この絵はcoshaさんの塗装ワークショップが入り次第塗りつぶしてしまいますが、それまで残していただけることになりましたので、イベントに来られなかった方もお近くに来た際は是非観てみてくださいね。
会場を貸してくださったcoshaWORKSさん、出店してくださったutacodripさん、くう食堂さん、そしてお越しくださった皆様、ありがとうございました!

PR

4/5 せだゆりか『瓶詰め日記』×とべぶんプロジェクト『森を運ぶ』イベント

 とべぶんプロジェクト2015『森を運ぶ』個展リレー。最初の走者はせだゆりかです!
今回なんと3年ぶりの個展。『瓶詰め日記』という展覧会名にはその3年間の想いが
詰まっています。

目まぐるしい程のたくさんの出来事は、日々の忙しさに流され
ひとつひとつ噛みしめることが出来ないまま過ぎていってしまう。
幸せな事や嬉しい事、それから悲しい事も
きちんと感じたいし思いたい。
でも、きっとそれは、後から振り返る事が出来るよう自分にしっかり刻み込まれてる。

まるで、煮たり漬けたりしたものを瓶に詰め、後で味わう事ができるように。
旬を、ジャム、果実酒、ピクルス、シロップ漬けなどにして残す。
今は今でしっかり生き、後の楽しみもとっておこう。

一つ一つの絵に温かさがあり、みつめていると凝り固まっていたものがじんわり
溶けていくような気持ちになりました。ぜひたくさんの方に見ていただきたいです。




そんなせだゆりか『瓶詰め日記』の会場で、とべぶんプロジェクト『森を運ぶ』のオープニングアクトとも呼べるイベントを開催します!

せだゆりか個展×とべぶんプロジェクトイベント


13:00〜ライブペイント
せだ ゆりかCHACO福岡麻子重松 まり絵

15:00〜泰山咲美ダンスパフォーマンス


出店
utaco drip コーヒー
くう食堂 お菓子
※くう食堂は委託販売になりますので本人は来ません


会場 cosha
松山市朝生田街7-1-14 1F-c
10:30〜21:00まで


せだゆりか個展FBページ
https://www.facebook.com/events/803966556350911/
とべぶんプロジェクトFBページ
https://www.facebook.com/Tobebunproject




今週の日曜日!どなた様もぜひお越しくださいませ!

とべぶんプロジェクト2015『森を運ぶ』

2011年に結成したアートチーム「とべぶんproject」も、5年目を迎えました!めでたいっ!今年は、私たちの活動拠点とも呼べる砥部の古民家 坪内家(*1)をとびだして、いろんな場所から「とべぶんproject」メンバーがリレーで作品展を開催します!! 5年目のとべプロは、新しいムーブメントを起こせるか?!乞うご期待ください!!
(*1)砥部町川登にある、元庄屋の古民家。現在は、NPO法人 とべ・TOBEが保存活動やアートスペースとしての提供、イベント等を行う。

【森を運ぶ】

砥部の里山にある坪内家で、毎年夏に向けて製作し作品を残してきたとべぶんプロジェクト。年月をかけて人と人とが交わったり自分自身と向き合ってきたその日々を振り返ると、、おやおやそこでは、土のしたで眠ってたタネも小さかった芽も、モリモリ育ち、重なり合ってひとつの「森」ができているではありませんか。 鳥が、森の中で木の実を食べたら飛んでゆき、どこかちがう場所で種を落とすとそこでまた新しい芽が生えるように、 坪内家で同じ時間(=木の実)を過ごし(=食べ)た私たちも、次は一人ひとりがそれぞれの場所へと飛んでゆき、そこで種を落として「森」を育ててみようと思います。 そして、ここからまた私たちの新しい種が、生まれ-運ばれー芽をだし続けますように!

とべぶんプロジェクト一同



◯スケジュール

2015/3/27-4/15 せだゆりか個展『瓶詰め日記』@cosha
詳細http://sedayurika.blog.fc2.com/blog-entry-206.html

2015/8/16 - 8/30 CHACO 個展『本の虫』@ネジマキカフェ

2015/10/11-10/12 福岡麻子 展示・
販売『まばたきのシャッター』@キャメルK

2015/10/11 とべぶんプロジェクト『ちいさな森を作ろうワークショップ』@utacodrip

2016/1/10-1/24 重松まり絵個展『はらっぱ』@ルーチェヴェルデオープンスペース

2016/3/12/-3/13とべぶんプロジェクト2015-2016まとめ展『森を運ぶ』@ミュゼ里山房

一年間かけて開催するプロジェクト!
詳細は決まり次第お知らせします!お楽しみに!!

せだゆりか『瓶詰め日記』

【 せだゆりか 個展 瓶詰め日記 】

日程 : 2015年3月27日(金)〜4月15(水) 
 
営業時間 : 10:30~21:00
場所 : cosha works
〒790−0952愛媛県松山市朝生田町7-1-14 1F-C
木曜定休
電話 089-921-3121 
入場無料
P有り
https://cosha.jp

せだゆりかは毎日13時〜18時頃まで滞在予定
初日と土日は夜まで滞在予定
滞在日、時間は急な変更がある場合がございます。
変更などの詳細はブログやFB、Twitterにて随時更新いたします。
FB https://www.facebook.com/yurika.seda
Twitter https://twitter.com/sedayurika


【cosha worksについて】

coshaさんは朝生田のトイザラスやガストの向かい側にある雑貨、家具屋さん
黒い建物にピンクの看板が目印☆
cosha works とはcoshaの道を挟んですぐ側にある建物で、家具、照明の展示室です。
今回の個展はその展示室の壁をお借りして行います。


【タイトル「瓶詰め日記」について】

目まぐるしい程のたくさんの出来事は、日々の忙しさに流され
ひとつひとつ噛みしめることが出来ないまま過ぎていってしまう。
幸せな事や嬉しい事、それから悲しい事も
きちんと感じたいし思いたい。
でも、きっとそれは、後から振り返る事が出来るよう自分にしっかり刻み込まれてる。

まるで、煮たり漬けたりしたものを瓶に詰め、後で味わう事ができるように。
旬を、ジャム、果実酒、ピクルス、シロップ漬けなどにして残す。
今は今でしっかり生き、後の楽しみもとっておこう。

という思いを詰めております。

すっかり秋です。

みなさん!お元気でしょうか?(^o^)/
ご無に沙汰しておりました、泰山咲美です。

いや~、すっかり秋ですね。とべプロが終わって早一か月、、もっとずっと前のことのようです。舞台に携わっているといつもこの感覚になりますが、とくにとべプロは企画案から制作まで長期スパンのプロジェクトなので、毎年終わったあとのこの秋口は、ギュッと詰まった達成感から落ち着きだして、すこしずつ淋しさを感じたりしています。みんなはどうかな?


中でも今年の「あの時のわれりゃ」は、過去3年間やってきた「坪内さんちのつぼ」の集大成のような、ようやく、古民家 坪内家で企画する意味を見いだせた、そんなイベントだった気がします。今までの積み重ねがあったからこその、みんなのこの顔~!




ずっとずっと、支え続けてくださったたくさんの方に、心から感謝です。
ほんとうに、人と人のつながりがすべてやと思う。



私はいつも自分のことを「若い!」と思い込んでしまう。それは、未熟で、迷惑もかけるし、上手くもいかない、失敗をよくする、ということなんだけど、それでも私たちはまわりの面白い大人や友人やいろんな人に助けてもらいながらなんとかこうにかここにいる。
社会に出ると即戦力を求められたり、質より量だったり、効果のあること(?)に評価が置かれていると感じることがありますが、そんな中でも、等身大の自分と向き合えるかどうかってすごく大事やなぁと思います。
もちろんね、25歳なんだし責任感ちゃんともって行動しよう だってそのほうが素敵
なんだけど、はたと何者でもない自分に還ったとき、例えば濃紺の星空をじっと眺めたり、
すももの実がボロボロと真っ赤に落ちているのを見つけたとき、
川で水の波紋の行方を追いかけているとき、

私はただの私になってる。あの巨樹に比べたら私はなんて短い命だろう。今はまだ生えてない芽も土の中で準備をしているにちがいない。
まだまだ何も知らないちっぽけな存在として、自分らしく一歩一歩やってゆければ。。と思うのです。
しかし時には身がちぎれるほどの過酷がやってきたりね、孤独だったりね、愛おしさだったりね、そして私の場合は明らかにカラダが二十歳の頃とはチガウので、いや~、若いと言ってられるのも今のうちなのかも・・(笑)人生の先輩方!二十代なんてほんとにキラキラと初々しさすら感じる時代でしょ?!!きっと私たちはその最中に・・・!((キラリ
  それはそうと、次のステップに向けて考えるであります。



今年、遠方より初めて参加してくれた東加奈子ちゃんやなるおみなちゃんを筆頭に、同世代U25のとべぶん生がどんどん全国で活躍しています。

どうぞこれからもとべぶん生の活躍を応援していただければ嬉しいです(^0^)




↑「緑の人」制作過程。




↑「The handstand」設置風景。




こうして、あの時のわれりゃは、これからのわれりゃに向かってゆらめききらめき、さあ、どこへ流れていくのやら。楽しみです!
それでは、また!



泰山 咲美